幸せになるための恋愛テクニックから結婚までの情報を発信するサイト

ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活・結婚メソッド~

女の事件簿

男も金も回し続ける60代の魔性の女。山辺節子のどこに落ちたのか?

投稿日:2017年4月22日 更新日:

つい最近、“自称38歳”をうたい、他人を騙して巨額のお金をむしりとっていた60代女性逮捕のニュースが世間を賑わせてたわ。

ワタクシ、とても興味をそそられたの。

このニュースは、「山辺節子」という60代の女性が騙し取ったお金を男に貢ぎ、つなぎ融資で人生を謳歌していたというもの。

30代の男を60代の女性がたぶらかしていたというから、ただモノではないわね。

若い頃から恋多き女であったことは報道でも取り上げられていたけれど、どうして60代となった今も維持し続けられたのか?

女の華は過ぎ去った年齢なのに、「男性関係が途切れないでいる」というから不思議でしょう?

そこで今回は、彼女のモテ続けた魔力について探ってみるわ。

 

山辺節子の過剰なほどの「女子力」

いつまでも女でいたい。そう願う女性は多いわよね。でも、一定の年齢がくれば、どこか雰囲気が落ち着いていくのが普通の女性の姿。

テレビで明るみになった派手な暮らしぶりや、ドナドナ状態で海外から護送される彼女のキメキメのフルメイクを見たとき、あなたはどう思われました? 

60歳を超えている容疑者・山辺節子のフサフサの髪に、肩や足を惜しげもなく出した服装には、現役の30代女性も唖然としたはず。

顔はくずれのないフルメイクで、時々微笑む魔性の笑みに、同姓として“なぜこんな女性の周りに男性が寄っていくの…?”と、不気味で仕方なかったけれど。

どこまでもストイックに“女性であること”を追求したのが彼女、山辺節子なのではないかしら。

おそらく彼女の見た目に現れる「女子力」は、彼女が幼い頃から持っていた乙女心なのではないかと思うの。

では、現在の山辺節子からは、どんな女子力の高さが見て取れるのかしら?分析してみるわね。

分析①「見られている」意識の過剰な高さ

恋多き女の特徴は、見た目に妥協をしないこと。

とっかえひっかえ男性を捕まえられるのは、男性が見た目を気にする生き物であることを熟知している証拠だからではないかしら?

見た目といっても、決して彼女は目や鼻、輪郭などが、抜群に整っているわけではないのよね。

シワやシミの見られないお肌は、確かに60代とは思えないけれど(笑)

メイクはベストな状態に仕上げ、服装に原色を取り入れ目立たせ、フリフリの洋服を選んだり・・。

これって、若さを保ちつつ華やかな気持ちでいられる女子力キープそのものだったのではないかと思うの。

それは、過去にそんな姿の方が男ウケが良くチヤホヤされたことが記憶にあり、気持ちいいくらいのモテ体感を感じていたからこそ、今も維持しようとしていると思うのね。

分析②自己流「オーラ」の作り方が上手い

さらに彼女の場合、自分の「オーラ」をトータルで作り上げているわ。

たとえば、オーデコロンを身にまとい、ふわっとフェロモンが漂うような香りは、男性の五感に残るの。

関連記事:香りを武器に♡気になるあの人を虜にさせてしまう媚薬のテクニック

小学生時代に付き合っていた男性の証言でも、当時から香水をつけていたことが語られてるのよ。香りは印象に残りやすいということ。

美人ではなくても印象に残る女性というのは、雰囲気やイメージだったりする。

関連記事:いい女になれる4つのステップ。雰囲気を作りだすことが出来ればもう9割はなっている

それを、まだ幼い小学生時代から香水を使うことで周囲と差別化して、他の女の子にはない魅力で注目を浴びることをすでに身につけていたのね。

そして「笑顔」。男性は、憂鬱そうな表情をしている女性よりも、楽しそうにしている表情の女性に惹かれるのよ。

その点、彼女は若い頃からよく笑っていたのではないかと思うの。

仮に美容整形をしていたとしても、60代の今も口角は下がっていなくて、状況に関わらず自然に笑みが出ているじゃない?

警察を目の前にしてもあの笑顔が出るということは、急に作られるものではなく、今までの表情が染みついているものだと思うの。

そうした彼女のまとうオーラによって、かつての男性の証言からも出てくるように、どこか「印象深い」イメージが形成されていたのではないかと推察するわ。

分析③孤独であっても、孤立はしない

見た目の女子力が高くても、それだけでは人は寄ってこなかったはず。

「周囲に人がいる状況をつくる」

なんだかんだ人がたくさんいる状況を自分で作ることが上手く、あの慣れた甘えた笑顔につい手を差し伸べてあげたくなる雰囲気があったのではないかしら。

彼女は離婚も経験していてつなぎ金融を続けるために、人が自分の前からいなくなることにとびきり敏感だったはずよ。

普通の私たちですら、恋人やこれまで仲の良かった友人と疎遠となることに寂しさを感じるものね。

孤独な身でいたとしても、男との関わりを常に振り返り、周囲に男を絶やさない努力をきっと彼女はしていたと思うの。

それが、彼女自身の心を保つエネルギーになっていたのかもしれないわ。

その道具としてお金や権力を持ち出すのは、最も良くないことだけれど。

分析④甘え上手

セレブな暮らしぶりを物語る豪邸と、人にお金を与える行動、そして、捕らえた獲物を手放さない執着心も話題になったわ。

そればかり集中しすぎると、彼女のように女性(同性)の友人はどんどん離れていく。

けれども、男性を惹きつけて離さない理由・・それは、甘え上手な振る舞いに他ならない。

特に、彼女の口から出てくる「口調」から、甘え上手な一面が見えたの。

彼女は60代になっても、ここぞというときにとびきり甘える癖を出していたのでは?と思うのよ。

たまに見せる弱さや健気な姿に男性は、放っておけない気持ちになる。

強い女性が多くなった昨今、彼女は、他の女性にはない甘い言葉や、年甲斐もなく子供っぽい仕草を駆使して、男性の心を操作していたのかもしれないわ。

他人を騙して巨額の資産を自分のものにしたえげつのないやり方は許し難いものがあるわ。

でも、お金以外に彼女が男性を絶やさなかった理由は、そんなパーソナリティな部分だったのではないかしら。

最後に

あなたの身の回りにいませんか?決して美人でもなく、スタイルもいいわけではないのにモテる女性。

山辺節子にも見て取れるように、モテる女性って恐ろしいことに自分のモテる術や、男性映りのいい自分の作り方を確立しているの。

そういう女性に限って、“魔性の女”とさえ名乗のり、人には理解しにくい腹黒さがある。でも、どこか人を惹きつける魅力があることも確か。

こうしたニュースを目にすると、不思議な魔力のある女性をさらに追及していきたくなるわ。

またいらしてね。

あわせて読んでおきたい恋愛メソッド

【毒婦・木嶋佳苗】の何に男が翻弄されたのか。男を恍惚とさせるテクニック

男があなたに手を出さない本当の理由。じれったい男が手を出したくなる方法

彼氏ができないなんて言わせない!ブス子がモテモテになるとっておきの魔法10か条

50代・60代でも恋愛はできる?恋活成功の秘訣は共通の○○が合うと上手くいく

 

 

-女の事件簿
-, , , , , , ,

Copyright© ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活・結婚メソッド~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.