幸せになるための恋愛テクニックから結婚までの情報を発信するサイト

ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活・結婚メソッド~

男性心理

ちっともヤキモチをやいてくれない彼(彼女)をその気にさせる方法

投稿日:2015年12月2日 更新日:

男女

 

“嫉妬”これは男女において一番やっかいなものです。しかし時には嫉妬をさせて刺激を与えることも恋愛の駆け引きにおいては大事なテクニックになってきます。

時にはそれが嬉しく、時には嫉妬に狂ったり、また時にはそれがないと寂しくなったりするのが男女においての性です。

嫉妬して欲しいのに嫉妬してくれない男性はちょっぴり物足りないもの。嫉妬ややきもちをやかない男性はどんな特徴があるのでしょうか。また効果的な嫉妬のさせ方をご紹介します。

 

嫉妬しない人の心理

嫉妬ややきもちをしない男性と付き合ったなら、それを寂しいと思ったり求めてもムダな空ぶりで終わってしまいます。

そんな男性は決して「あなたのことが嫌い」だとか、「どこで何をやっててもまったく気にならない」というわけではないのです。

そのため「どうして嫉妬しないの?愛情がないの?」と責めたり、「やきもち焼いてよ!」と言って相手を困らせたりしてしまいます。

ではなぜ嫉妬ややきもちをやかないのか?

それはあなたを心底信用しているか、まったく興味がないか、嫉妬をしている自分をさらけ出すのが怖いのか、それは人によって違います。

またはこれまでにいろいろな付き合いをしていく中で、自分なりの制御の仕方が身についた広い心を持った人とも言えますね。

嫉妬をしない人の特徴

まず、嫉妬をしない人の特徴を理解しましょう。

こういう人はざまざまな経験から、やきもちや嫉妬したところでどうしようもないということが分かっています。

人間はだれでも生まれてから嫉妬ややきもちは少なからず経験があるものです。が、大人になって成長していくうちに、いろいろなお付き合いをして経験をしていくなかで嫉妬をする加減が分かってくるのです。

またその嫉妬心を露に出すと周囲の反応や醜い自分の醜態をさらけ出してしまう事を恥ずかしいと考え、表面に出さないだけかもしれません。

特にプライドの高い人や異性に対して期待値が低い人(これは一般論であり、その相手の愛情の度数とは異なります)は嫉妬の表現を出しずらいという傾向があります。

自分への愛情が不安な時に相手の気持ちを確かめるために、わざとやきもちをやかせるような行為や行動をしたくなるものですが、とかくその手のタイプは「見ないフリ」をするので空振りで終わってしまうことになるでしょう。

やきもちをやかせるテクニック

それでもやきもちや嫉妬をさせたい時はこんなことをしてみると効果的です。

たとえば、彼と歩いているときに通りすがりのイケメンを目で追いかけて振り返ってみるのです。そして「あの人カッコイイ・・・」とつぶやいてみましょう。

対象人物を目の前にして彼と比較するような言い方をしてください。彼を卑下してはダメですよ。

男性だったら、向こうから歩いてくる女の子をみて「あの子可愛いな」とハッキリ言ってみましょう。

これはちょっとしたスパイスになり自分が優位に立ちたいという心理に火をつけます。他の異性を目の前で褒められて嬉しい気持ちになる人なんていないでしょう?

または「わたし、これでもモテるのよ。付き合ってって言われちゃった」なんて、ちょっぴり作り話を入れて刺激してもいいかもしれません。

ハッキリしない彼の態度で愛情の度合いが知りたい時は、ちょっぴり彼をイジってみましょう。そして彼が怪訝そうにしたら「ウソよ。あなたの方がステキに決まってるじゃない♡」とささやいてください。

男性は落とされてすぐに持ち上げるととても嬉しくなりますし、自分の気持ちに気付くかもしれません。

最後に

「嫉妬しない人」イコール「気持ちの表れ」ではないので、決して愛情がないわけではありませんよ。 でもやきもちをやかせてみたくなったら、適度な刺激は大切です。注意しないといけないのは、誤解されないようにすること。誤解されてしまっては元も子もないですから、やきもちをやかせてすぐにあなたが一番という意思表示をみせてくださいね。

111096

ちっともやきもちをやいてくれないなら
時にはチクっとする刺激を与えてみて♡

-男性心理
-, , , ,

Copyright© ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活・結婚メソッド~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.