幸せになるための恋愛テクニックから結婚までの情報を発信するサイト

ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活・結婚メソッド~

モテ力 女性編

こんな視線ビームが男を落とす。試してみたい4つのテクニック

投稿日:2015年11月9日 更新日:

視線

「目は口ほどにものを言う」というように、「好き」と言葉に表さなくても視線だけで恋のアプローチができてしまいます。

恋愛体質の女性は周りに気付かれないうちに自然な視線を送って、無言のアプローチで男性を落とすテクニックを使っています。

視線ビームで男を落とすテクニックは今始まってのことではありません。

これは今も使われている効果的なラブの魔法なのです。そんなテクニックをご紹介しますね。

 

目を合わせてすぐにそらして、ジラしてみる

視線をさりげなく気になる男性に向け、目が合ったらすぐに恥ずかしそうにそらします。

すると見つめられた方は、「自分に気があるのかな…でも今は見てないし勘違いだよな…」と思いながらも、相手の事が気になっています。

一度気になり始めるとどんどん気になってしまうもので、気にしないでおこうと思えば思うほどいつの間にか相手の事を意識するようになってしまうものです。

そして本当のところはどうなのかな、と知りたくなってきます。

モテる女性は自然体で男性を見て、この心理をうまく利用し相手の心を鷲づかみにするテクニックがあります。

男性とは勘違いしやすい生き物です。

「あの子は自分に気があるのかな」というモヤモヤした気持ちから恋がはじまり、いつの間にか片思いをしている…なんてことがよく起こります。

ただ、このテクニックを使う場合はちょっと注意しないといけない事があるんですね。

あまり頻繁に見過ぎたら気味悪がられ引かれてしまいます。また長く見つめてしまうと、威圧感や居心地の悪さを感じさせてしまいます。

一日に2~3回、目があったら恥ずかしそうに視線をそらすことが大切ですよ。

 

やっぱり効果的!上目づかいの可愛らしさアピール

女性から上目づかいで見られると、自尊心がくすぐられ守ってあげたいという気持ちになります。

これは女性にとっても可愛く見せる効果があり、下から見られることで目がぱっちり大きく見え普段よりも女っぽさがアピールできるからです。

上目づかいをして見つめられた後に目を伏せられると、たちまち男性のハートにセクシャルな火をつけられてしまいます。

女性経験の豊富なモテ男には、「この女わかってやってる」と思われるので、あくまでもさりげなさがポイントになってきます。

 

視線に角度をつけてセクシーさをアピール

人はねじった身体つきを美しいと捉えます。

これはモデルのポーズでもよくあるように、クネっとすると色気が表現できるからです。

視線も真正面からジッと見られるより、横目や斜めの角度からぼんやりと見られると、セクシーで色っぽく映ります。

流し目も大きなポイントです。すれ違うときに流し目を送ってみてはどうでしょうか?

きっとドキッとしてもらえますよ。

恥ずかしいからといっていつも伏し目がちでいたら意識してもらえず、はじまる恋もはじまりません。 

たまにはこんな小さなことからチャレンジしてみましょう!

 

会話の中でじっと見つめてみる

二人で話す機会が増えたら、会話の途中で相手の目をじっと見つめてみましょう。

あえて長く見つめて視線が合ったら外す。すると男性は気になりかけてきます。

恋愛は相手の気持ちが分からないからこそ、スリリングで面白くトキメクものですよね。

また、会話がとぎれた時に「何?」という感じで首をかしげてぼんやり見つめてみます。隙を見せことで相手はデートの誘いがしやすくなるはずです。

見つめている時は怖い顔で凝視するのではなく、優しい視線を送ってくださいね。

 

まとめ

「どうしてあの子はいつも男性から誘われるの?」って思う女子いませんか?こんな女性はこっそり視線でアプローチをしているのかもしれません。

視線の使い方は難しいところもありますが、優しいにこやかな表情でいることを忘れないでくださいね。

たまに見つめてそらすジラす視線のテクニックを使ってあなたの事を意識させましょう。

111096

コロンとしたパッチリおめめは関係ない
効果的な視線ビームでドキンとさせる♡

 

あわせて読んでおきたい恋愛メソッド

好きな人には素直に態度で示すこと。その方が早く恋愛関係に進展する

香りを武器に♡気になるあの人を虜にさせてしまう媚薬のテクニック

男が大切にしたくなる4つのモテ美人はこれ。あなたはどこから攻めていく?

 

-モテ力, 女性編
-, ,

Copyright© ラブの魔法~出会い・恋愛・婚活・結婚メソッド~ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.