結婚相談所・マッチングアプリ

【マジメな恋活・婚活する男性必見!】マッチングアプリの出会い系と恋愛系を見極める3つのポイント

マッチングアプリのスマホ

マッチングアプリを使う目的はそれぞれ違いますが、純粋に彼女が欲しいと思って始める方も多いでしょう。

マジメな出会いを目的にしているなら、出会い系の女性と出会いたくないですよね。そんな場合には注意が必要です。

これから恋活しようと思っている方は、まずは自分がどんなマッチングアプリを使おうとしているのか見分けなければいけません。

逆に言うと、出会い系と言われているマッチングアプリがわかればいいワケです。

今回は実際に出会い系と恋愛系のマッチングアプリをやった中から、出会い系と言われるアプリも含めてご紹介していきます!

それではどうぞ!

 

 

出会い系と恋愛系マッチングの違いと見極め方

まずは出会い系と恋愛系のマッチングアプリの違いをどう見分けるか、その見極め方を確認しておきましょう。

ポイントは大きく分けて3つあり、出会い系だけでなくサクラや業者が潜んでいる可能性も高いので注意が必要です。

マッチングアプリの利用開始前から判断できる見極め方なので、時間やお金を無駄にしないためにも、しっかり覚えておきましょう。

1.男女とも完全無料

大手のマッチングアプリでは月額などが発生しますが、男女ともに完全無料で利用のアプリもありますね。

お金がかからないのでうれしいように思えますが、誰でも簡単にアカウントを作れるため出会い系での利用者も多くなります。

純粋な恋愛を求めて始めたのに、マッチングした相手から「*ホ別15でどう?」などといったメッセージがきたらがっかりですよね。(*ホ別15とは、ホテル代とは別に15000円でやりますという意味)

完全無料のマッチングアプリには、セ〇クスとお金のためだけに登録している女性も多いので気をつけましょう。

2.身分証明書の提出がない

純粋な恋愛系のマッチングアプリなら、利用登録する際にまず身分証明書の提出を求められます。

なりすましや複数登録を避けるために行われるものですが、中には提出がないものもあります。

身分証明書の提出がないので年齢をごまかしたり偽名を使っての登録ができてしまうので、パパ活や援交目的の女性も多くなりますね。

18歳未満の女子高生などが登録している可能性もあり、全く悪気はないのに犯罪につながることもあるので注意しましょう。

3. 女性にキャッシュバック制度がある

出会い系とは少し違いますが、お金を払って女性とメッセージをするだけになってしまうこともあるので、女性側の制度も確認しておく必要があります。

「チャットレディ」というキャッシュバック制度があるマッチングアプリは、出会える可能性が低いのでおすすめできません。

キャッシュバック制度とは、男性がお金を払ってメッセージを送るたびに、やりとりしている女性にお金が入る仕組みです。

1通ごとの報酬は数円と少ないですが、毎日たくさんの男性とやりとりをして、お金を稼ぐことを目的としている女性も少なくありません。

搾取されるだけされて出会えないのはもったいないので、キャッシュバック制度のあるマッチングアプリを使用する場合には、なるべく早くLINEなどに移行するのがおすすめです。

 

出会い系のマッチングアプリはコチラ

パソコンに写る顔

ここからは出会い系として有名なマッチングアプリを5つ紹介していきます。

純粋な恋愛を求めている女の子と出会えないわけではありませんが、ヤリ目やサクラ、業者とマッチする可能性が高いです。

素敵な女性と出会う確率を少しでも高めるためにも、なるべく避けたほうがいいでしょう。

1. PCMAX

PCMAXは元祖出会い系と呼ばれる老舗のマッチングアプリです。真剣に出会いを求めるよりは、援交やデリヘルの女性が多く利用しています。

そのため、純粋な出会いを求めている方にはおすすめできません。

出会い系の他にも、キャッシュバック目的でPCMAXを使う女性もたくさん登録しています。

女性はメッセージのやりとりが無料ででき、男性から返信があると1通ごとに30MPのマイルが貯まる仕組みになっています。

お小遣い稼ぎのメッセージに引っかかって時間とお金を無駄にしないよう、やりとりする場合は注意しましょう。

2.ハッピーメール

会員数が多く、無料で使えるためコスパもいいハッピーメールですが、真剣な出会いを求めている方には向いていません。

出会える可能性は高く、遊び目的なら使い勝手はいいですが、援交目的の女性がたくさん登録しています。

「*ホ別15」などと提示してくる女性が多く、しかも写真詐欺で会ってみたら別人のようですぐに帰ったという経験もあります。
(*ホ別15とは、ホテル代とは別に15000円でやりますという意味)。

ハッピーメールにもPCMAXと同じようなキャッシュバック制度がありますが、こちらはメール1通あたり2円と安いので、目的として登録している女性は少ない印象でした。

3.Tinder

完全無料なので手軽に使えるのがメリットのTinderですが、こちらも純粋な恋愛には向いていません。

遊びや飲み友を探すのが目的の女性が多く、中には既婚者もいるため注意しましょう。

電話番号があればいくらでもアカウントがつくれるため、出会い系での利用の他、業者も多く潜んでいます。

時間を無駄にしないよう、使うのはなるべく避けましょう。

4.イククル

イククルは年齢確認や電話認証が必要で、運営もしっかりしているので危ないマッチングアプリではありませんが、遊び目的で登録しているユーザーが多くいます。

そのため結婚を求めている方には、おすすめできません。

20〜30代まで年齢幅はありますが、そのほとんどが友達やセフレ探しをしています。

出会える確率は低くありませんが、可愛い女の子に出会ってもカラダ関係で終わる可能性も高いので、純粋な恋愛を求めている方は使わない方がいいでしょう。

5.YYC

YYCは複数のマッチングアプリを運営する上場企業が運営するため、安全性は高いですが、援交目的の女性がほとんどです。

中にはデリヘル業者もいるため、真剣な出会いはできないと考えておきましょう。

しかも男性は料金がかかり、プロフィールを見るだけで10円、メッセージ1通につき50円とかなりコスパが悪いです。

お金をかけても純粋な恋愛に発展するのは難しいため、なるべく使わないようにしましょう。

 

まとめ

今回はマッチングアプリの出会い系と恋愛系の見極め方をご紹介しました。

コスパよく女性と出会うこともできるアプリも多数ありますが、純粋な恋愛を求める方にはおすすめできません。

せっかくお金と時間を使うのですから、自分の目的にあった女性と出会いたいですよね。

出会い系と恋愛系のマッチングアプリをしっかりと見極め、素敵な女性との出会いが見つけられるといいですね。

 

あなたにおすすめの記事

>>NHK放送されて大反響!オンライン婚活「LMO」の3つのパーティーとカップリング保証制度って?

>>これからの出会いはZoomではじめるオンライン婚活♡リモート婚活のメリット・デメリット

>>オンライン結婚相談所【naco-do】低価格なのに手厚いサポートって本当?評判は?

 

この記事を書いたライター
とーま

年齢:27歳
職業:フリーランス
学生時代からマッチングアプリを使って100人以上の女性と出会うことに成功。 童貞を卒業した中学から高校まではmixiやGREEで20人と交際。 脱毛に通っていて全身ツルツル、エステで自分磨きをしています。

-結婚相談所・マッチングアプリ
-,

© 2021 ラブの魔法 Powered by AFFINGER5